行く途中で

2024年1月28日の礼拝より
「行く途中で」 大下 仁
ルカによる福音書 17 章 11~19 節

エルサレムに向かうイエスの旅は十字架に向かう旅でしたが、それはまた神の国
を告げ、神の慈しみをあらわし続ける旅でもありました。きょうの出来事は、ルカ福
音書だけが伝えるものです。前回の永松先生の宣教の中でも触れられた通り、歴史的
事情のため、サマリヤ人とユダヤ人は反目し合っていました。しかし、こうした背景
はあっても、同じ「らい病」を病む人たちは、立場を超えて苦しむ者同士として助け
合いながら、律法に従い、隔離された場所で共同生活をしていました。現在は病の名
称も「ハンセン病」とされていますが、日本において近代の歴史の中でも、患者たち
は強制隔離や強制断種など差別を受けつづけてきました。今日は、少しですが、その
歴史を思い起こすとともに、当事者のキリスト者として聖書の表記について、あまり
取り上げられないその声をお聞きしたい、分かち合いたいと思っています。そして次
に、このテキストから2つの大切な言葉を取り上げて、共に思いを巡らせたいと願っ
ています。
イエス様に出会ったのは、一人のサマリヤ人を含む十人のこの病気に罹患した人
たちでした。彼らは、イエス様の言葉に信頼して従い、夫々の祭司のところに出かけ
て行ったのですが、その「行く途中で」で清められた、治癒したと記されています。
治ってから出発したのではなく、行く途中で癒されたのです。私たちも、身に抱える
問題、不安、つらさを一人一人与えられています。解決してから歩き出すのではなく、
主に信頼して歩んでいく生活を続ける中で、これまでも恵みを受けてきたというこ
とは、誰しも思い当たるのではないでしょうか。この「行く途中で」がその大切な言
葉の一つです。
そして、このサマリヤ人は、大声で神をほめたたえながら帰ってきて、イエスの足
もとにひれ伏して感謝した、とあります。この「感謝する」という言葉が二つ目です。
聖書では、救われたという事は自分の問題が解決されることではなく、その問題を解
決してくださった方が誰であるかを知って、その方を信じるようになる事、その方と
交わるようになることと教えられてきました。そのようにして、このサマリヤ人のよ
うに、心から感謝と賛美を生きるものとならせて頂きたいと願います。

関連記事

  1. 霊的な礼拝

  2. 義に過ぎてはならない

  3. 散らされるという名の救い

  4. ただ、お言葉をください

  5. 見よ、これは新しいものだ

  6. あなたがたの信仰によって